痩せれない40代はどうしたらいいの?

40代になると痩せれなくなってきます。

その理由は?知りたいですよね。

まずは40代女子の痩せられないダイエットの

注意点をチェックしますね。

運動はイヤ!痩せれない。でも、絶対に痩せたい!

痩せるために運動するのがいいのはさかっているけど
運動は苦手。3日坊主。飽きる。5分の散歩もイヤ!

という方に。何が一番、いいのか?

紗栄子さんも愛飲 コンブチャクレンズ

海外では、ミランダー・カーやジェシカ・アルバ、
オーランド・ブルームをはじめセレブの間で
KOMBUCHA(コンブチャ)が大ブームです。

日本では紗栄子さん、長谷川潤さん、ローラさんや山田優さんなど…トップモデル達が、ゾッコンになっているのは

「燃焼系デトックスドリンク」がKOMBUCHA(コンブチャ)。

臨床試験を実施した結果
■試験期間:2016年6月27~7月25 28日間(4週間)
■試験方法:
・試験被験者数:11名
・対象:30歳以上49歳以下の女性
■試験結果:
11名うち10名が痩身 → 成功率91%
[最大痩身効果]:-5.6kg [平均]:-1.9kg

要チェックですよ

40代女性のダイエットの注意点

40代

どの年代のダイエットでも食事制限する場合はカロリーを極度にへらすと体調を壊す危険があり、ストレスをかけることになります。

40代になれば年齢を考慮するとさらに危険度は増します。

長続きせず、リバウンドになるケースが多く、体重を減らすことで顔、カラダがシワが増加し、今よりも老いて見えるようになります。

激しい運動でカラダに負荷をかけるダイエットも途中で挫折、足首、ヒザ、腰を痛めるので要注意です。

 

次に、40代女性が痩せられない7つの理由です。

40代女性が痩せれない理由

痩せれない理由その1:加齢による基礎代謝の低下

痩せれない

20代後半から基礎代謝が低下していきます。

 

ですから運動する習慣がなくなってきているので若い時と同じような食生活では当然のごとく、脂肪がどんどん蓄積されます。

 

それと、筋力も落ちてきて姿勢も悪くなり体幹も衰えるので、お腹周りには脂肪がつきやすくなります。カラダのラインは乱れます

 

痩せている人でも加齢となっているので肌のハリ、皮膚の弾力が失われて、たるみがでます。

 

 

痩せれない理由その2:女性ホルモンが乱れる

 

女性にはエストロゲンとプロゲステロンというホルモンがあるのですが40代になると、この2つのホルモンのバランスが壊れてきます。

 

どういうことかというと子供を生むことが衰えてくたり、生活の状態ではエストロゲンが過剰になったりします。

 

痩せれない理由その3:エストロゲン過剰で脂肪が肥大する

食生活が欧米化すてきたり、環境ホルモンのせいでエストロゲンが過剰に分泌。

 

脂肪細胞が活性化してくるので太ってきます。

 

痩せれない理由その4:セルライトが蓄積する

セルライト

40代は筋肉量が下がってくるので毒素の蓄積が進みます。

 

加齢とのセットでセルライトができやすくなり、特にお腹周辺とお尻、太ももにはセルライトがついたりします。

 

セルライトには要注意で一度、定着すると取り除くのは難しいので冷え、血行低下が生じて、ますまう太りやすくなっていきます。

 

ストレスで暴飲暴食▶体重の増加

 

痩せれない理由その5:職場・家庭等のストレスによる暴飲暴食

 

40代は家庭や職場で最もストレスが多い年代ともいえます。

ストレスから暴飲暴食になる人は多いので結果、脂肪がますます溜まります。

 

ストレススパイラル

デブ子デブ子

また太った。痩せたい。また太った。

 

痩せれない理由その6:家計費の節約▶食生活が悪化する

子供のいる家庭ですと教育費等でもあり家計費は節約しないといけません。

 

食費をへらすパターンが手っ取り早いのですが正しい痩せるダイエットの知識がないと、安くて太る食材をチョイス。

 

太ることになっていきます。

 

便秘にもなりやすい食生活となるので、下腹の出たぽっこり体型になります。

また食生活の悪化は便秘も招きやすく、それが下腹ぽっこり体型を作ってしまいます。

 

痩せれない理由その7:時間的理由による生活習慣の悪化

子育てに仕事にと40代女性は自由な自分の時間をもてなくなってきます。

デブ子デブ子

忙しくてダイエットどころではないですよ!

 

どうやってダイエットを成功させるか典型的な失敗パターン

典型的な失敗パターン

  1. 大きな目標だけを掲げる
  2. 極端な食事制限をする
  3. 退屈or負荷の高いエクササイズを続ける

 

以上、いくつかがストレスとなって溜まっていきやがて限界がきて挫折し食べ物に走ってしまう。

 

このパターンを経験したことがある方は多いと思います。

 

一度挫折すると失敗イメージが残ってるので、

またダイエットをしようとしたときに、「頑張るのはいや」「辛い思いはしたくない」「我慢したくない」「でも痩せたい」「今度こそ」ということになります。

 

なんとか挑戦するぞという方向に意識を持っていっても良いイメージが残っていないのでまた、失敗しやすくなります。

 

で、痩せるのに失敗する人はこのパターンを繰り返すのです。

 

どうしてこのようなことが起こってしまうのか、ポイントとなるのはストレスが溜まるようなことをしてしまうということ。

 

さらに何故ストレスがたまるようなことをしたかというと、正しい知識がないから。

 

『ダイエットって、辛く苦しいものなの』と思っていませんか。いいえ、本当は辛くも苦しくもありません。

 

ダイエットの基本中の基本の式について既にご存知の方も多いとは思いますが解説していきますね。

 

  ダイエットの基本計算

  • 摂取カロリー - 消費カロリー > 0・・・(1)
  • 摂取カロリー - 消費カロリー < 0・・・(2)

 

上が、ダイエットの基本式です。『摂取カロリー』と『消費カロリー』の引き算、ただそれだけです。

 

ダイエットの基本式、簡単ですね。でも奥は深いですよ。

 

(1)は摂取カロリーより消費カロリーが少ない状態で、
余ったカロリーは脂肪として蓄積されます。

 

(2)は摂取カロリーより消費カロリーが多い状態で、
足りないカロリーは脂肪などが消費され不足分を補います。

 

ダイエットするには、摂取カロリーを消費カロリーより減らせばよいのですから、(2)の状態にすればよいのです。

 

摂取カロリーが消費カロリーより少なくなるようにするにはどうするかですが、以下の2パターンのいずれかまたは両方になります。

 

  • 摂取カロリーを少なくする ・・・(3)
  • 消費カロリーを多くする  ・・・(4)

 

(3)の具体的な方法がいわゆる食事によるダイエットです。
カロリーの低い食事をしたり、カロリーの摂取を妨げる
効果のある食事をしたりすることが、これにあたります。

 

(4)の具体的な方法がいわゆる運動によるダイエットです。
ランニングをしたり、ダンスをしたり、いろいろな運動を
することでカロリー消費を増やすことが、これにあたります。

 

摂取カロリーを減らすダイエット

(3)消費カロリーを多くする方法によるダイエットの詳細

摂取カロリーを減らせば減らすだけ、消費カロリーとの差分が増え、それだけ脂肪が消費され早く痩せることになります。

ですが、実際はそんなに単純ではありません。

 

カロリーを減らすことは、食べる量を減らすことになるので、満腹感が得られません。

 

減らせば減らすほど苦痛は大きくなります。

 

また、消費カロリーに含まれる基礎代謝が曲者です。

 

基礎代謝とは、じっとしていても、生命活動を維持するための必要なエネルギーのことで、毎日何もしなくても基礎代謝分のエネルギーは消費されています

 

呼吸したり、血液を循環させるためのエネルギーなど。

 

つまり、摂取カロリーを基礎代謝分より少なくすると、何もしなくても脂肪などが消費されます。

 

実際には主に脂肪が優先的に消費され、

摂取カロリーが基礎代謝分より少ない状態が長く続くと

脂肪は枯渇し、

筋肉などのたんぱく質が

カロリーとして消費され始めます。

 

さらに、脂肪もたんぱく質も消費された状態になると、

飢餓状態、がりがりの状態になります。

 

 

摂取カロリーが基礎代謝分より少ない状態のダイエットは長く続けられないことになります。

 

消費カロリーを増やすダイエット

(4)消費カロリーを多くする方法でのダイエット の詳細

消費カロリー

消費カロリーを増やせば増やすだけ、摂取カロリーとの差分が増え、脂肪が消費され早く痩せることになります。

 

が、こちらも単純ではありません。

 

消費カロリーを摂取カロリーより多くすると、脂肪などが消費されることになります。

 

運動量を増やす。運動時間を長くすることになります。

 

運動量を増やすことは多くの40代女性は苦痛です

 

運動すると、脂肪が優先的に消費されますが、枯渇しはじめると筋肉などのたんぱく質がカロリーとして消費され始めます。

 

摂取カロリーによるダイエットも消費カロリーによるダイエットも長く続けることができず、ストレスの大きなダイエットなんです。

 

40代女性がダイエットの効果を最大限に引き出すには、現在の状況を見極めて、目標を立て、計画的にこなしていく、ということが必要です。

 

現状を正しく知る

最初に健康状態をチキンと把握します。

健康状態を把握する前に、知っておいてほしいのが『標準体重』です。

最近は認知度が高まりましたが念のため記しておきます。

 

標準体重 = 身長 × 身長 × 22

ただし、身長の単位は[m]です。身長165cm
の方の場合は、身長は『1.65』となり、標準体重は

1.65×1.65×22 = 59.895kg

標準体重は、約59.9kgとなります。

・身長
・体重
・標準体重
・体脂肪率
・3サイズ

以上を計ってメモっておきます。

目標を立てよう

現状がわかったら次は目標です。

例えば、体重であれば『いついつまでに、○○kg』と期限付きで決めます。

 

そして、1か月単位くらいで中間目標を立てます。

 

重要なのは、無理な計画を立てないことです。

 

余裕をもった計画にする、このことが、ダイエットを長く続けて成功させるコツです。

 

見える化を推し進めよう

ダイエットを始めたら毎日記録をとります。

記録する内容としては以下のようなものがあります。

 

・(身長)
・体重
・体脂肪率
・(3サイズ)
・食事内容
・エクササイズ
・排便
・その日の気分
・その日の出来事

 

()付きのものは毎日ではなくて大丈夫です。体重、体

脂肪は食前/食後、入浴後など、同じタイミングで計測します。

 

グラフ化できるものはグラフ化します。目立つところに貼りましょう。

 

中間目標の数値も記入しておくと目標への達成状況が一目でわかります。

 

グラフ化することでダイエット効果があるという報告もありますので、是非取組みましょう。

 

つぶさに見える化して自分自身を丸裸にすることで、ダイエットの状況をきちんと意識することができ、成功へとつながります。

ヤセ子ヤセ子

女は見られて美しくなる

 

痩せれない40代 追記

女性であれば、痩せたいという思いはいくつになっても続きますよね。

 

特にだんだんと暑くなってくるこの時期は、夏に向けて少しずつ焦りも出てきます。

 

若い頃は、少し食事を調整すれば簡単に痩せられたのに、なぜか年齢を重ねていくごとに痩せにくくなってきたなと感じている方は多いと思います。

 

よく肌老化の話で、コラーゲンは40歳を境にガクンと減っていくなんて聞いたことがあります。

 

コラーゲンだけでなく、それまで自分の体内で自力で作り出せていたものが作れにくくなっていくのは、40歳位が境のようです。

 

老化にもダイエットにもかかわってくるミトコンドリアもその1つで、減っていくことによってエネルギーを作り出す力が弱くなっていき、脂肪として体に蓄えやすくなっていきます。

 

ですから、食欲は若い頃から変わっていないという方は特に年齢を重ねるごとに、今までと特に生活習慣や食生活を変えていなくても体重が増えていってしまうのはこの為です。

 

ミトコンドリアは運動をすることによって増やすことも可能です。

 

なので、40歳を期に少しずつウォーキングなどの運動をとりいれていき、食事を見直しつつ足りないものはサプリメントで補っていく必要があります。

運動はイヤ!痩せれない。でも、絶対に痩せたい!

痩せるために運動するのがいいのはさかっているけど
運動は苦手。3日坊主。飽きる。5分の散歩もイヤ!

という方に。何が一番、いいのか?

紗栄子さんも愛飲 コンブチャクレンズ

海外では、ミランダー・カーやジェシカ・アルバ、
オーランド・ブルームをはじめセレブの間で
KOMBUCHA(コンブチャ)が大ブームです。

日本では紗栄子さん、長谷川潤さん、ローラさんや山田優さんなど…トップモデル達が、ゾッコンになっているのは

「燃焼系デトックスドリンク」がKOMBUCHA(コンブチャ)。

臨床試験を実施した結果
■試験期間:2016年6月27~7月25 28日間(4週間)
■試験方法:
・試験被験者数:11名
・対象:30歳以上49歳以下の女性
■試験結果:
11名うち10名が痩身 → 成功率91%
[最大痩身効果]:-5.6kg [平均]:-1.9kg

要チェックですよ