あなたはこの記事を読むことで「食べているから痩せれない」と思っていたことが間違いだったことに気づきます。

正しい知識で脂肪がたまる意味を知ることができます。

また、カンタンにできる脂肪がつかない日常生活の仕方で続けられるダイエットの方法を見つけることができますので最後まで楽しんで読んでくださいね。

 

運動はイヤ!痩せれない。でも、絶対に痩せたい!

痩せるために運動するのがいいのはさかっているけど
運動は苦手。3日坊主。飽きる。5分の散歩もイヤ!

という方に。何が一番、いいのか?

紗栄子さんも愛飲 コンブチャクレンズ

海外では、ミランダー・カーやジェシカ・アルバ、
オーランド・ブルームをはじめセレブの間で
KOMBUCHA(コンブチャ)が大ブームです。

日本では紗栄子さん、長谷川潤さん、ローラさんや山田優さんなど…トップモデル達が、ゾッコンになっているのは

「燃焼系デトックスドリンク」がKOMBUCHA(コンブチャ)。

臨床試験を実施した結果
■試験期間:2016年6月27~7月25 28日間(4週間)
■試験方法:
・試験被験者数:11名
・対象:30歳以上49歳以下の女性
■試験結果:
11名うち10名が痩身 → 成功率91%
[最大痩身効果]:-5.6kg [平均]:-1.9kg

要チェックですよ

空腹を我慢するとストレスになる

食べて寝る

痩せたい人のダイエット・基本はやっぱり食事ですね。

痩せれないのは食べてしまうから・・・でも、

食べるのを我慢するのは苦痛で、痩せるために食事を我慢しても長続きせずに終わってリバウンドのきっかけづくりにしてしまう方がほとんどです。

それではいったどうしたらいいのでしょう?

食事のカロリー < 消費したカロリー

上記のようにしていけば最終的には痩せます。

最近は食品にカロリー表示が必ずあるのでおやつなども、要チェックしてから購入するといいですね。

 

痩せるためにダイエットしていくと、カロリーに気をつけて好きなものも我慢していくと結局、ストレスを感じてしまって長く続けることができません。

 

では、1日3食にしている家庭がほとんどだと思いますが、痩せるためのダイエットするには食事の回数を単純に減らせばいいのではと考えるのがよくあるパターンです。

 

それでは1日の食事の回数についてはどうなんでしょうか?

日本人の多くの人は1日3回の食事をしています。それが常識ですね。

 

ですが、永い間の人間の歴史て見てみると、なんと、1日2回の食事という生活習慣が通常だったのです。

 

永い歴史の中では満足に食事もとれない。米が不作の年も多かったでしょう。

 

現在の日本では米は安定供給されていて、食材はとても豊富にあり社会の仕組みも大きく変わって3食摂取できるわけです。

 

ということえ1日3度の食事するという習慣は今から200年以上も前から続いていますが、永い歴史の中でとらえると200年は最近のことで1日3度の食習慣になったのは歴史が浅いということになります。

 

「だったら、1日2回の食習慣でもいいじゃん。」

ダイエット

と、考えてもおかしくありませんが、今まで1日3度の食事するのを習慣にしていた方が2度にするということはオススメできないのです。

 

そして、今、すでに1日2度の食習慣の方も今からでも3回にすることをオススメします。

 

えっ!なんでですか〜っという声が聞こえてきそうですが、分かっている結論があります。

1日2回の食事ですと良くない結果として、2つの大きな理由があります。

  1. 空腹を我慢することになる→ストレスがたまる
  2. 空腹が続くことになる→カラダは脂肪をためる。脂肪を貯金しようとします。

結論として食事は1日3回にした方がいい

 

朝食はぬかない・朝食は必ず食べましょう

朝食
パン朝食

朝は出勤準備で忙しいとか、そのような理由で朝食をぬく人は多いかと思います。

 

いつのまにか朝食を食べないのが習慣になっていたり、ダイエットには朝食を止めるのが手っ取り早いと思っていませんか?

 

実は、朝食をぬくのは痩せる・ダイエットには致命的です。

 

ダイエットでは脂肪を取ってしまえ!という考えであなたも脂肪は大嫌いですよね。

 

悪代官=脂肪

 

といったところですが、実は脂肪にはとっても大切は役割があるのを知っていますか?

 

人間の凄いところは食事を抜いてもカラダの中にため込んでいる脂肪をエネルギーにして数日は大丈夫。生活できちゃうのです。

 

人には凄い仕組みがあるので、今度は1日1回や2回の食事になるとカラダは危機感を感じてしまい、カラダは脂肪を取り込む。ため込むということをするのです。

 

困った時のための貯蓄さようといったところでしょうか。

 

ポイント

人は食べない日が数日続けば、脂肪を食料にするので脂肪は当然に減っていきます。ですが、1日1回、2回の食事だと脂肪をカラダに蓄積しようとするのです。

 

カラダにアピールするため、ちゃんと栄養を取ってますよ。と、規則正しい1日3回の食事を摂るのが正しいダイエットにもつながるのです。

 

ポイント

1日に同じ量の食事をするなら2回よりも3回に分けて食事した方が脂肪が溜まりにくく成るので、ダイエットには1日3回の食事です。

寝ている時にもカロリーは消費する

睡眠

たいたいの人は夕食は19時ごろで朝食は朝の7時ごろです。というと12時間の間があります。

 

1日8時間の睡眠をとっていると、寝ている間はどうなっているかというとカロリーを消費しているのです。

 

起きて行動しているときよりは当然、カロリーの消費は少ないのですが寝ている時にもバッチリとカロリーを消費しています。

 

朝、起きた時はどうですか?お腹が空いていますよね。

 

ということは食べて栄養をカラダに与える必要があるんです。

胃の活動のことを知っていますか?

胃は常に動いていますね。起きている時も、寝ている時も。

 

そこで何をしているのかというと、当然ですが食べたものを消化しています。

 

消化時間は何を食べたのかで時間は異なります。お粥なら消化がいいとか。

これは消化に悪いとか、よく言いますよね・・・3時間〜6時間で消化していきます。

 

昼食の時間はだいたい昼の12時って決まっています。朝食を朝7時に食べていたなら5時間のインターバル。

 

夕食が19時なら7時間後となるので1日3回のあなたなりのリズムを作成して規則正しく普通に生活することがダイエットするにも最適なんです。

 

どうしても朝食は難しいな〜という方は、昼食や夕食は必ず決まった時間に食事するという決まりを設定しましょう。

 

6時間毎の食事を設定するのが理想です。

 

痩せれないのは食べてしまうから?ではなくて食事の間の6時間のインターバルが少ない不規則な生活習慣

 

昼食は定食を中心にしましょう

昼食

食事をしていて、お腹いっぱいですわ と、感じる時は食べ始めてから20分後にやってきます。

 

ということは・・・

 

お腹が空いているときや食べるスピードが早い人は満腹感を得られるのが20分後なので、どんどん腹がふくれるまで食べてしまいます。

 

するとどうなるのか?早く食べるほど、お腹いっぱいになるまで食べるので食事の量は当然、増えるわけです。

 

結果はカロリーのとり過ぎになり太る。

 

ですから食事のスピードの早い男性は必ず太っています。

 

この20分後満腹ルールから、

  1. 食事はスローフード。ゆっくり食べる。お話しながらでもいいでしょう。
  2. カロリーの低いものから食べる。サラダとかから食べてお腹をおちつかせることが大事
  3. 熱いスープ等の汁物があれば最初に食べること。スープは満腹感がでます。熱いので当然、ゆっくり、フーフー食べますよね。ゆっくり食事をすることになります。

 

痩せれないのは食べてしまうから?ではなくて胃のことをよくわかっていないから・・・

痩せれない人は食べる順番に注意すること!

  1. 汁物・スープ等
  2. カロリーの低いサラダ・野菜や大豆関連・豆腐
  3. いよいよ主食

このようにしていくと昼食はラーメンとかスパゲッティ、カレーライスではなくてできればスープやサラダのついた定食がいいですよね。

 

食事に時間を掛けることができる定食のほうが満腹感があるということでオススメします。

寝る時間を予想して晩ごはんを決めるのが肝

睡眠時間

夕食・晩ごはんは何時に食べていますか?

 

会社の残業もあって、晩ごはんはマチマチですよね。

 

人によっては規則正しく食べるのはとても難しい環境かもしれません。

 

 

痩せること・ダイエットのことを考えると実は・・・

 

  1. 一つは、寝る時間を決める。毎日、予測するのが肝になります。
  2. 一つは、お腹はスッキリとした状態で寝る。

 

晩ごはんの時間を遅くに帰宅して22時に食べてしまって、寝たのが23時だった。

 

ということでしたらお腹の中はスッキリしていない状態です。

 

夕食を19時に食べておきながら朝の3時や4時まで起きていたら、お腹が当然、空いてきます。ついつい夜食だ。といっておやつや、ラーメンに手をだすかもしれませんね。

 

食べてから寝るまでに6時間のインターバルがあれば、胃が十分に消化してくれるので食べてもいいのです。

 

夜食を食べた後に、直ぐに寝てしまっては6時間、たっていないので脂肪が蓄積される状態です。

 

その場合、寝るまでに1〜2時間しかない場合の夜食はカロリーが少ないスープ春雨とかゼリーなどは消化にもいいのでオススメです。

 

寝る時間に合わせて、夕食の時間を調節するのが一番効果てきですね。

 

ダイエットのための1日3回の食事ですが想像以上に制約は少ないのです。

太らない、脂肪をため込まない1日3回の食事です。

 

これなら永く続けられますね。

 

運動や食事で規則正しくあなたに合った生活習慣にして、今より少し頑張ることから始めましょう。

 

 

追記:痩せられない人=常になにかを食べながらごろごろしている

 

痩せられない人の特徴としてあげられるのは、
とにかく食べていることです。

 

食べてもスリムな人は世の中に大勢いますが、
どこかでカロリーを消費したり、
胃袋を休めている時間があるからです。

 

痩せられない人を観察していると、
常になにかを食べながらごろごろしています。

 

一度に満腹になるほど食べ、
苦しいと言いつつもちょっとでも胃袋がこなれてきたら、
また食べ物に手を出しています。

 

空腹な状態がないと言えます。

 

痩せたい思いはあるので、
スポーツジムに通ったりする人もいますが、
体を動かすのはほんの少しだけで、

 

そのジムで出会ったおしゃべり仲間と、
ジムに併設されている食堂で食べて飲んでいます。

 

ほんの少しの運動でわすかばかり消費したカロリーを、
そのあとの食事ですぐにもとに戻しています。

 

もとに戻すというより増やしています。

 

場所が変わろうが常に食べることばかりを考えているので、
痩せられないのです。

 

そういう人たちは、
大して食べてないのに太るが口癖です。

 

食べることが生きがいなのだから、
わざわざ痩せる必要

 

はないのでは?
と思うことがありますがあえて言いません。

 

たくさん食べられて羨ましいなとは言います。

 

おいしいものをたくさん食べられる胃袋を、
私も欲しいものです。

 

痩せれないのは食べてしまうから?ではないのですよ〜

 

 

痩せれないのは食欲

痩せたいと思っているのに、思い通りに痩せられないという人は沢山居ると思います。

 

痩せたいという気持ちはいつも持っているのに、それがうまく行かないとなると、とても辛い気持ちになります。

 

痩せたい痩せたいと思えば思うほど、どうしても食欲がわいてきて、ついつい食べてしまうということもあると思います。

 

生活の中で、食べ物が目に入らない状況を作れればいいのですが、街にはコンビニが沢山あり、手軽に食べ物を手に入れられますし、

 

 

家に居てテレビを見ていても、食べ物のCMやグルメ特集など、どうしても、食べ物が目に入ってしまいます。

 

やはり、痩せたいと思っているのに痩せられないというのは、食欲が関係していると思います。

 

仕事が忙しくて、食べ物の事を考えている暇が無いときには、普段なら何か食べたいという食欲がわいている時間でも、

 

食べ物の事を考えさえしなければ、食べる量を減らすことが出来ます。

 

平日、仕事をしているときには食べる量はそれほどであっても、休みの日についつい、食べ物に手が伸びてしまい、食べてしまうというのも、

 

食欲が出てきてしまうからです。

 

痩せたいと考える場合、食べ物のことばかりを考えたりするのではなく、

 

できるだけ、違うことに集中することが、大切です。

運動はイヤ!痩せれない。でも、絶対に痩せたい!

痩せるために運動するのがいいのはさかっているけど
運動は苦手。3日坊主。飽きる。5分の散歩もイヤ!

という方に。何が一番、いいのか?

紗栄子さんも愛飲 コンブチャクレンズ

海外では、ミランダー・カーやジェシカ・アルバ、
オーランド・ブルームをはじめセレブの間で
KOMBUCHA(コンブチャ)が大ブームです。

日本では紗栄子さん、長谷川潤さん、ローラさんや山田優さんなど…トップモデル達が、ゾッコンになっているのは

「燃焼系デトックスドリンク」がKOMBUCHA(コンブチャ)。

臨床試験を実施した結果
■試験期間:2016年6月27~7月25 28日間(4週間)
■試験方法:
・試験被験者数:11名
・対象:30歳以上49歳以下の女性
■試験結果:
11名うち10名が痩身 → 成功率91%
[最大痩身効果]:-5.6kg [平均]:-1.9kg

要チェックですよ