デブ

痩せてやる!と、決意してダイエットを始めてもなかなか痩せれないので挫折してしまうパターン。私の周辺にもたくさんの人がいます。

 

あなたは、この記事を最後まで読むことによって、やせたいのに痩せることのできない人の特徴と、どうして痩せることができないのかを知ることができ、間違ったダイエットの仕方がわかります。

太ってるとオシャレな洋服も似合わない

おしゃれ

私は子供の頃から、コロコロしたぽっちゃり体型でした。

 

中学生・高校生の時から自分の体型が気になってきたのです。

 

でもダイエットはした事がありませんでした。

 

しかし、短大に入ってから私自身の体型をとても気にするようになったんです。

 

なんといっても女子大ですから、周りはオシャレな人が多くて、ファッション・服装に気を使うようになったんです。

 

ですが、服を買いに行っても私自身の体型を隠す事ができる服。

 

毎回決まって体型を隠せるのかどうか、ごまかせるのかが一番になってしまい冴えない格好に落ち着くのが常でした。

 

あるとき試着をしている最中に、店員同士が「あの体型では何を着てもちょっと・・・無理じゃないかな〜」と小声で話してるのが聞こえてんですよ。

 

さすがにショックでした。

 

わかってることだったんですが・・・そこで

 

「絶対に痩せたい!」と思って、テレビや雑誌、インターネットで取り上げられる情報を検索しまくり初めて痩せるためにダイエットを決行したんです。

痩せれないんです。特徴はなんといってもリバウンドです

リバウンド

絶対に痩せると決断したダイエットですが、あなたも経験があると思います。

 

一時的に痩せても続かない。

 

必ずリバウンドするのを繰り返すという情けない日々の連続ですね。

 

いろいろなダイエット方法に挑戦したんですが失敗もたくさんしました。

 

痩せれない人の特徴=リバウンドだったんです。

 

失敗した痩せるダイエットとは?

痩せるために1:単品ダイエット

リンゴダイエットに挑戦しました。
3日間、リンゴだけ食べて過ごすダイエットだったんです。

 

痩せる即効性はあり
なんと3日間かけて体重は5キロほど減たんです。

 

ところが通常、いつもの食事に戻したたとたんに、体重は増えてきて痩せる前の元の体重に戻ってしまいました。

 

リンゴだけを3日間も食べ続けるということは思っていた以上にストレスがたまりました。当然の結果でしょう。

 

痩せるために2:置き換えダイエット

置き換えダイエット

リンゴダイエットのように3食を全て同じものを食べるのはとってもつらいのです。ですが・・・

 

1食だけを他のものに置き換える、通称「置き換えダイエット」だったら私でもできるかもしれない…。

 

友達もやっていた「置き換えダイエット」に挑戦しました。

 

朝食だけは自宅で食べることができるので
朝食をコーンスープに似た専門の置き換えダイエット食品という食事をるという食事を6ヶ月も続けたんです。

 

「置き換えダイエット」を始めた最初の2、3ヵ月で6キロほど体重落ちたんです。

 

痩せたんですが、その後は全く変化がなく止めてしまいました。なぜかなあ・・・

 

痩せるために3:スポーツジムへ通う

スポーツジム

食事したらスポーツで消費すればリセットできますよね!ですから会社帰りにスポーツジムに挑戦して痩せるで〜。

 

会社の最寄り駅の中にあるスポーツジムに入会したんです。

 

1回のスポーツジムで消費するカロリーが約400カロリーです。お菓子がだいたい1袋で約500カロリーでした。

 

このことを知ってがんばったのに一度、おやつを食べたら意味ないのです。ちょっとがっかりです。

 

ですが、スポーツジムへ通うことで筋肉が付いてきて基礎代謝が増加するので痩せやすい体質にはなるはずです。

 

ところがどっこい、もともとそんなに運動が好きでもないので、無理せずラクして痩せようという気持ちが常になるのでスポーツジムへはしばらくしてから行かなくなったんです。

 

当然の結果でした。

 

ヤセたいのに痩せれない人の特徴は?リバウンド!

リバウンド

そうです。結論としてヤセたいのに痩せれない人の特徴はリバウンドしちゃうからなんです。

 

初めてダイエットに取り組んだ時は
身長160センチ 体重59キロ BMI 23

 

最終的にダイエットに失敗した時は
身長160キロ 体重67キロ BMI 26

 

なんとダイエット始めた当初よりも体重は8キロも増えてしまったのです。

 

ところが、今、現在は
身長160センチ、体重50キロ BMI19.5

 

あきらめずに継続して痩せるためにダイエットを続け、痩せてる体型をキープしちゃってます。

 

リバウンドを繰り返すことでダイエットを開始した当初よりも太ってしまった人も多いハズです。

 

「絶対に今度こそ痩せてみせる!」と決意して、何度もダイエットしても少しだけ気を緩めるだけで、以前よりも体重がふえてしまう。

 

痩せることに失敗するたびに、なんだか体重が落ちにくくなってきてると感じませんか?

 

この記事のタイトルの「痩せれない人の特徴は何でしょうか?」の答えが何度もダイエットに挑戦して失敗してリバウンドすることが痩せれない人の特徴だったんです。

 

では、どうしたら定番となっている痩せれない人の特徴を、くつがえることができるのでしょうか?

 

その答えは「続けられる健康的なダイエット」です。

「続けられる健康的なダイエット」とは?

化粧

ダイエットをして肌あれになった。カラダの調子が悪い。痩せてきたけど、ストレスが半端ない。

 

そんなことでダイエットを中断してしまっては意味がありませんね。

 

痩せることのできない人の特徴ですね。

 

実践してみて上手くいったやり方を痩せたくて悩んでいるあなたにお伝えしています。

 

あなたに痩せることに関するお話することでどのように感じて貰えるかドキドキしちゃってます。

 

痩せること・ダイエットに一番大事なことはコレ

=すぐに結果をもとめないこと なんです。

 

痩せること▶すぐに結果をもとめない

 

「え〜、体重が減っていく実感がないのはやる気がでませんよ〜」という声が聞こえてきそうですが・・・

 

体重を減らすだけだったら、考えてみて下さい。

 

消費するカロリーよりも食べるカロリーの法を少なくするだけで体重は減っていくのです。

 

極端に食事の量を減らすことで体重を落とす。痩せることはできます。

 

しかし、その方法では痩せると同時に、基礎代謝(何もしなくても消費されるカロリー)も落ちていってしまいます。

 

厳しく食事制限していくダイエットは、無理ですね。長く続けれないので途中で挫折して基礎代謝が落ちてリバウンドの元になります。

 

痩せることに成功した人は5年あとも同じ体型を保つことができるのは
なんと、全体のわずか 1% なんですよ〜。

 

短期間だけ痩せる、体重が落ちてもその痩せた体型を持続できなかったら意味がありませんよね。

 

ダイエット・あなたが痩せた理想と考えているは一生続かなければならない。

 

無理せずに持続できる方法で実行しましょう。

 

次から次へとダイエットの新しい、流行のノウハウが登場しては消えていきます。

 

せっかく痩せても体重が戻ってしまう人が多いので新しいダイエットを求める人がいるから・・・リバウンドして痩せられない人の特徴なんですよ〜。

痩せること▶体重の増減にもこだわらない

メジャー

痩せるのに成功するには、すぐに結果を求めないことこともう一つあります、それは体重の増減にこだわらないことです。

 

体重が増えた、減ったにこだわるよりも、「自分がどんな理想の体型になるのか」を考えてイメージするといいでしょう。

 

理想のカラダというと、ファッションモデルやスポーツ選手・アスリートの筋肉が引き締まったカラダをイメージしてしまいますがモデルやスポーツアスリートは仕事を維持するために極限までの生活して体型を維持しているのですね。

 

ですから、わたしたちは理想のカラダをイメージするときは、まずはじっくりと自分のカラダを観察することから始めましょう。

 

ヤセ子ヤセ子

女性なら女性らしいと思われる体型を。

男性なら男性らしいと思われる体型を。

 

 

ただ痩せるだけ体重を落とすだけというわけにはいきません。

 

同じ体重でも見た目がたるみがある。ということと、引き締まっている。ということでは印象がずいぶん、違います。

 

デブ子デブ子

体重というよりも、カラダのラインを引き締めることを考えないとダメなのね。

 

 

ヤセ子ヤセ子

体重が減るというのはあくまで目安

 

全身が映る鏡を準備して毎日の自分のカラダをチェックしましょう。

 

出来るならハダカで前と横と後ろを確認してください。

 

自分のカラダを観察しながら、どの部分の脂肪を落として、どの部分に筋肉をつけたいとイメージするとわくわくしますよ。

 

ヤセたいのに痩せれない人の特徴を理解してダイエットを始める前の心構えはできましたか?

痩せること1▶すぐに結果を求めない。
痩せること2▶体重の増減よりも理想の体をイメージする。

この2点は忘れないでくださいね。

 

追記:痩せたいという気持ちは誰にでもあります

 

「痩せたい」という気持ちは誰にでもあります。
ですが結果を出す人と出さない人とでは目標の立て方が違います。

 

いつまでに何キロ痩せてどのような体型になりたいのか、
明確な目標をたてメンタル面を保つこと、
これがダイエットを持続させ成功する方法の一つであると考えます。

 

また明確な目標をたてたらそれを紙に書き出し常に見える場所に貼っておくなどして、
途中で断念してしまいそうになる心の弱さと戦ってください。

 

踏ん張る時に踏ん張れない人は弱腰になりダイエット以外のことでも
結果を出せない人になってしまいます。

 

もう一度その目標を見返してメンタル面を強く保っておくことが重要です。

 

また目標を決める際に大切なことがあります。

 

金メダリストの羽生結弦選手も言っていますが
『「〜しないように」より「〜したい」「〜する」という方が力を発揮できる説がある。
自己暗示ではないが、不安を打ち消すためにあえて強気で通したのかもしれない。』

 

例えば、「お菓子を食べない」から「野菜を積極的に食べる」へ、
「食事をしたあとはすぐにゴロ寝しない」から「食事したあとは少しでも体を動かす」へ、
「18時以降は食べない」から「夕食は18時までに済ませる」など、

 

考え方を否定から肯定に180度変えることで、
ダイエットに望む気持ちも結果も変わります。

 

肯定的に考えたほうが成功する確率はぐんと上がるということです。

 

ダイエット中は我慢を強いられたり
肉体的にも精神的にも辛い時が多々あります。

 

途中で断念し堕落してしまう人はまず
明確な目標を紙に書き出して目のつく場所に貼り、
ダイエットは自分自身への勝負だと思いその勝負に勝つ気持ちで望むことが、
ダイエットを成功へと導く一つの手段だと考えます。